JR駅前歩いて2分
しかも!!
3線3駅 利用可
大阪市内 最接近
3線3駅を自由に使える充実のポジション
skip
MENU
閉じる

堺 ノースゲートシティ <サンメゾン堺 浅香駅前>| 堺 NORTH GATE CITY <SANMAISON SAKAI ASAKAEKIMAE>

堺市堺区の新築分譲マンション「堺 ノースゲートシティ <サンメゾン堺 浅香駅前>」
【JR阪和線「浅香」駅徒歩2分】

JR駅徒歩2分 3線3駅を自由に使える充実のポジション THE NORTH 堺 堺 ノースゲートシティ
JR駅徒歩2分 3線3駅を自由に使える充実のポジション THE NORTH 堺 堺 ノースゲートシティ
3線3駅利用可、JR阪和線「堺市」駅へ自転車4分、大阪メトロ御堂筋線「北花田」駅へ自転車6分、南海高野線「浅香山」駅へ自転車5分
3線3駅利用可、JR阪和線「堺市」駅へ自転車4分、大阪メトロ御堂筋線「北花田」駅へ自転車6分、南海高野線「浅香山」駅へ自転車5分
ロケーション紹介 スペシャルショートムービー
ロケーション紹介 スペシャルショートムービー
マンションサロン優先案内会開催
マンションサロン優先案内会開催 マンションサロン案内図 来場予約
お知らせ INFORMATION
もっと見る 閉じる

※1 JR「浅香」駅徒歩2分

※JR「浅香」駅徒歩2分以内の物件は11年振り(MRC調べ)

※掲載の航空写真は、現地周辺の空撮写真(2018年7月撮影)にCG加工処理を施したもので、実際とは異なります。

※掲載の徒歩所要時間は80mを1分、自転車分数は250mを1分として計算(端数切り上げ)した概測時間です。

来場予約
資料請求

Q&A

+をクリックすると回答がご覧になれます。

初心者

Q

+ ー

初めてのモデルルーム見学なのですが、準備するものはありますか?

A

何の用意もいりません。手ぶらでお気軽にお越しいただけます。

Q

+ ー

頭金が0円でマンション購入は可能でしょうか?

A

お客様の資金状況に応じてご相談が可能ですよ。

Q

+ ー

マンションに興味があるのですが、モデルルームに行くと何回も連絡がありそうで不安。

A

こちらから、営業する事はなく、見るだけでもOKです。お気軽にお越しください。

建物

Q

+ ー

オール電化住宅は、経験がなくて便利なのかわからないのですが・・・

A

クルマもHVやEVなど電気に変わる時代。
環境に優しくお得な深夜電力を
使うなど、オール電化住宅は経済的にも優れています。

Q

+ ー

今住んでいるマンションと比べてどこが優れていますか?

A

省エネ性に優れており、光熱費を大きく抑えられます。
また最新の防犯、快適設備も充実しています。

Q

+ ー

最近のマンションは高すぎて買えません・・・

A

本件は大阪都心へ10分台の駅前マンションで最安値
JR駅前2分の便利さで2,700万円台〜というお求めやすい価格が魅力の1つです。

ロケーション

Q

+ ー

駅前のマンションだと騒音や危険はありませんか?

A

本件は大通りから奥まった閑静で落ち着いた住宅街にあり、
カラオケやパチンコ屋などがないため、駅前でありながら騒音や危険がなく、
穏やかな暮らしが叶う稀少な立地と言えます。

Q

+ ー

駅周辺をあまり知らないのですがどんなとこですか?

A

徒歩10分の食品館アプロや徒歩5分のスギドラッグ、
カフェやレストランなど個性溢れる素敵なショップがたくさん揃う環境です。
さらに、自転車7分で世界最大級の無印良品やあらゆるショップが揃うイオンモールも
利用でき便利です。

Q

+ ー

駅前に住むメリットとは何ですか?

A

何と言ってもすぐに駅にアクセスできるのが大きな魅力。
その他、重い荷物を持っている場合や雨が降っている場合、
また、夜遅く帰宅する際も、駅に近いので安心です。

Q

+ ー

都心へのアクセスはどうですか?

A

徒歩2分の最寄駅「浅香」駅から天王寺へドアtoドアで19分、
なんば駅25分の便利さ。ドアtoドアで比べてください。

Q

+ ー

普通停車駅ですが、利便性はどうですか?

A

快速でない普通列車なので、比較的空いているため
座って通勤も可能です。
しかも天王寺へ17分の早さです。
自転車で4分のJR「堺市」駅での快速利用で、都心へのアクセスは更にスムーズに。 

Q

+ ー

子育てしやすい立地・環境ですか?

A

小・中学校が徒歩10分以内の上、元気に遊べる大小異なる公園なども
多く揃っているのでのびのび遊べ、子育てファミリーにうれしい立地といえます。

Q

+ ー

浅香駅前には、川が近くにあるけど浸水の心配はないですか?

A

昭和、平成と台風などによる災害から流域を守るため、
治水事業は堤防の嵩(かさ)上げや護岸(ごがん)強化の方法で行われ、
土木技術の進歩と治水事業の進展で、近年は水害による影響は減少しています。
まだ記憶に新しい2018年9月の台風21号では、近畿地方に多数の被害をもたらしましたが、
現地に被害ありませんでした。